2017年02月01日

「原稿募集」は要注意


「原稿募集」



こう大々的に公表している出版社があります。



もし、原稿を送ってベタ褒めされ、

そのあとで「共同出版」を勧められたら要注意です。



かなり高い費用を要求されるからです。



それだけではありません。

出版とは名ばかりで、まともに書店に置かれません。

(ごく一部の書店に置かれることもありますが、

その本が本来置かれるコーナーではなく、

ありえない棚にポツンと1冊陳列されるだけです)



当方には、そうした被害者からの相談も寄せられます。




商業出版(企画出版)希望者をサポートする【出版塾】
出版企画に関するご相談・アドバイスは無料です。
http://www.hatadaweb.net/



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

   あなたの「出版したい」をかなえる第一歩
        ★出版企画を無料で診断

10年間で350冊超の本をプロデュースした実績にもとづいて、
あなたの出版企画を無料で拝見いたします。

箇条書きでも、なぐり書きでも何でも結構です。
形式は一切問いませんので、「こんな感じの出版企画を考えています」
という具合に、ざっくばらんにお教えください。

無料で、出版社に採用される可能性を判定させていただきます。

機密は厳守いたしますので、どうかご安心ください。
 ↓
出版塾 畑田洋行
h.hatada@xa.ejnet.ne.jp

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

お問い合わせやご質問等は、
以下のアドレスに直接メールで送っていただいても結構です。
機密は厳守いたしますので、どうかご安心ください。
 ↓
出版塾 畑田洋行
h.hatada@xa.ejnet.ne.jp



【出版塾】
商業出版(企画出版)希望者をサポートする【出版塾】
http://www.hatadaweb.net/



<著書>
「ビジネス書を書いて出版する法」(畑田洋行著 同文舘出版)
http://www.amazon.co.jp/dp/449556451X/

posted by 塾長 at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446534201

この記事へのトラックバック